本文へ移動

オール日本スーパーマーケット協会2022

2022年秋期商品・用度合同展示会

「みんなで売る!と決めた商品」も
【大阪支社】オール日本スーパーマーケット協会(田尻一会長、以下AJS)は8月25日、京都市の京都パルスプラザで「2022年秋期商品・用度合同展示会」を開催した。出展企業数は356社、出展コマ数は492だった。
 当日実施の記者会見では、現在年2回開催のAJS展示会を年1回開催に変更することが伝えられ、次回の開催地は横浜と発表された。
 出展回数が減る代わりに、「みんなで売る!と決めた商品」の取組を強化するため、今回から「商品責任者ミーティング」や「バイヤーミーティング」を開催し、継続していく。
 昨年からの取組である「みんなで売る!と決めた商品」とは、AJSグループのプライベートブランドである『くらし良好』を「本当の意味でのプライベートブランドにする」ために2019年に立案されたもの。
 「くらし良好」の中から競合他社のPBに負けない品質とリーズナブルな価格の商品が、会員企業のアンケートに基づいて決定される。8月25日時点で64アイテムが選出され、今後も拡大方針だ。
 会場内では、特設ブースも設置され、日配部門では、価格競争力を強化した付加価値のある小粒納豆を、秋から春にかけての販促計画と一緒に紹介していた。
 会見の最後にAJSの田尻会長は「『みんなで売る!と決めた商品』は、地域性を取り入れた商品の販売が増えている。各エリアの消費者ニーズに応じた商品開発・販売を行うには会員企業の意見交換が不可欠だ」とコメントした。
 次回の展示会は横浜で、2023年8月24日に開催する予定。
【2022(令和4)年9月1日第5104号3面】

田尻会長
多数のバイヤーが来場した
日配の特設コーナー
岩下食品
やまう
東海漬物
オーカワ
坂田信夫商店
備後漬物
フクシマガリレイ
あづま食品
ブンセン
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る