本文へ移動

水溜食品株式会社 鹿児島県

鹿児島のお漬物「薩摩かんぼし屋」

<企業紹介> 水溜食品

水溜食品のギフトボックス
 「島津梅」でおなじみの水溜食品株式会社は、地元産の寒干し大根にこだわった良質の沢庵づくりに定評がある有力企業である。創業は昭和16年。看板商材「島津梅」の寒干し沢庵をはじめ、鹿児島県産の高菜漬・割干漬など、多彩な製造品目を誇る。
 水溜社長は、鹿児島県漬物商工業協同組合の理事長を長く務め、「鹿児島つけもの大使」の任命や、漬物の応援歌「ふるさとの贈り物」の制作など、鹿児島県の漬物業界に多大な功績を残している。
 
島津梅

<オススメ商品> ラインナップ

「ごぼう酢てぃっくす」

「漬物グランプリ2022」(主催:全日本漬物協同組合連合会)に出品した「ごぼう酢てぃっくす」が銀賞を受賞した。
同品は令和元年に発売し、それ以来好調な売れ行きを見せている。国産ごぼうを使用した甘酢漬で、ごぼう独特のしゃきしゃき食感が特徴。甘酢の“きゅん”とする酸っぱさが女性受けしている。
 常温流通が可能な個包装タイプで、一般の漬物売場ではなく“おつまみ”需要として販売先が広がっている。国内に200店舗以上を展開するコーヒー豆中心の食材店でも採用されており、人気商品となっている。
 「ごぼう酢てぃっくす」を始め、同社の人気商品である割干大根の「ぽり×2」(ぽりぽり)など、個包装製品全体の売上はここ数年でほぼ倍増しており、好調ぶりが地元紙にも取り上げられた。今後もコロナによる業務用やお土産関係の売上減をカバーすべく、積極的に売り込んでいく。

「島津梅」 割干漬の「ぽり×2」「高菜漬」

 看板商材は、干したくあんの「島津梅」。寒干し大根の旨味と梅酢の上品な香りが見事にマッチして、大好評を続けている。この商品は、現会長の水溜法光氏が社長時代、ある日ふと頭に浮かんだ「島津梅」という言葉を元に開発された。今では、同社を支える一番の売れ筋商材に育った。梅酢のさっぱりとした味わいが、歯ごたえのある干し大根に融合し、食べるほどに箸が進む逸品である。
 その他、ピロ包装の「割干漬」は、おつまみやお土産用として大人気の商材。社長の長男・光一氏が商品開発した「ぽり×2」は、女性にも訴求するデザインだ。
 また、県産の高菜漬は特にホール(姿)物に定評がある。それぞれ製品のカテゴリーごとに「かんぼし屋」「わりぼし屋」「たかな屋」等のロゴをデザイン。特長をストレートに訴求するとともに、親しみのある製品としてアピールしている
割干漬の「ぽり×2」
水溜食品「高菜漬」の姿もの

漬物メニュー提案

記者のココがイチ押し!

水溜食品のイチ押しは、何といっても干し沢庵の銘品「島津梅」! さっぱりとした梅酢で味付けされた干し沢庵は、ひと口噛むごとにさわやかな風味が口いっぱいに広がります。ご飯のお供にはもちろん、焼酎・日本酒・洋酒・ワインなど、様々な酒のおつまみとしても添えたい一品です。
その他にも「ぽり×2」や「ごぼう酢てぃっくす」など、おつまみに最適な商品が揃っており、お酒好きにはたまらないラインナップとなっています。
(担当記者:菰田隆行)
 

水溜食品 お漬物の薩摩かんぼし屋 →こちらから

水溜食品 インスタグラム →こちらから

 

<企業情報>

会社水溜食品株式会社
代表代表取締役社長 水溜政典
創業昭和16年
業務内容干し沢庵・高菜・割干大根等の製造販売
住所(本社)〒899-3511 鹿児島県南さつま市金峰町宮崎2940
電話(代表)0993-77-0108
FAX0993-77-1423
HPhttp://mizutamari-shokuhin.jp/
メールsimazuume@po.synapse.ne.jp

紙面アーカイブ

 
2022年9月1日号5面 鹿児島特集

紙面アーカイブ 2022年4月1日号 高菜漬特集 <この人に聞く>

水溜食品株式会社 常務取締役 水溜 光一氏

高菜の漬込みは計画通り
カイゼン活動で生産性が向上

水溜食品株式会社(水溜政典社長、鹿児島県南さつま市)は、鹿児島産寒干し大根の銘品「島津梅」や、高品質な“ホール物”の高菜漬製造で知られる。その他にも、割干し大根個包装「ぽり×2」や、ごぼう酢漬の個包装「ごぼう酢てぃっくす」など、オンリーワン商品の開発力にも定評がある。また2021年2月には、鹿児島県が制定している「食品関連産業カイゼン活動取組優秀社表彰」で同社の取組が認められ、表彰を受けた。その活動の中心として高菜漬の製造工程見直しや生産性の向上に取り組んだ、常務取締役の水溜光一氏に話を伺った。
【菰田隆行】<文中敬称略>
◇     ◇
‐今期の高菜原料の作柄は。
水溜 昨年12月に収穫した早ものは、大変良好な作柄でした。今年に入り、1月以降は普通作といったところですが、全体では計画通りの数量が入荷し、品質も上々だったと思います。3月末いっぱいで、漬け込みを終了しました。
‐農家の作付意欲は。
水溜 当社の契約産地は地元の金峰町(南さつま市)と吹上町(日置市)ですが、作付の意欲はあり、今年も「もっと作らせてほしい」と申し出る農家さんもありました。ただ、新型コロナウイルスの影響で末端の動きがやや低調だったため、ヒネ在庫との兼ね合いで作付面積は前年並みとしました。高菜漬の需要は増えてきていますので、今後は作付面積を増やしていく計画です。

‐製品動向は。
水溜 業務用(刻み)の需要も年々増え、力を入れていますが、やはりホール物比率が高い状態。量販店やお土産ルートでご評価をいただいています。姿物の高菜漬(200g、250g)で全体の80%以上を占めており、残りが刻み物の高菜漬です。あと最近では、原料の注文もスポット的に入ってきています。今後は、お客様の使用するニーズに合わせて、最適な状態で提供できるかが課題です。コロナもようやくまん延防止等重点措置が解除となり、これからの人の動きに期待がかかりますが、お土産ルートでの販売は完全に元に戻るか懸念があります。

‐製造工程でのカイゼン活動について。
水溜 当社の高菜漬は、塩分を少なめにしてタンクに漬け込み、乳酸発酵させた後にナベトロに入れ替えて冷蔵庫に移します。そこでマイナス1℃で冷蔵熟成させて製品化します。これにより脱塩工程がなくなるため、風味の良さをご評価いただけています。高菜漬製造ライン改善への経緯としては、整形工程(検査・ヘタ切り・半割・カット)のところで時間と人が多くかかり、計量・包装ラインで手待ち時間が発生するという課題がありました。干し大根や生大根製品は22回転/分であったのに対し、高菜漬は手作業による整形・袋詰めのため8回転/分しかできず、出荷に影響を与えていました。また、高菜には異物(石・笹の葉など)が多く、非効率な洗浄工程も課題でした。

‐見直したカイゼン点は。
水溜 ボトルネックの整形作業を軽減させるため、余力のあった洗浄工程でまず半割カットを実施しました。すると、整形工程での作業が1つ減り、手待ち時間が減少。また、洗浄工程でカットすることで異物も発見、除去しやすくなりました。さらに取組を進め、全体のラインバランスを取るために洗浄工程に整形工程(検査・ヘタ切り・半割・カット)を移動させて実施することにしました。これにより包装工程が短縮され、8枚/分だった出来高が18枚/分に改善、作業人員も10名から6名に削減することができました。結果として全体の生産性がアップし、在庫管理工程や取り置き工程が減少して、ジャストインタイムでの出荷が可能となりました。加えて、細かく整形をしてから洗浄することにより異物が除去され、社外クレームが減少しました。

‐カイゼンの成果は。
水溜 具体的な数字や実績を元に対策を考える、カイゼンの手法が身につきました。生産に余裕ができると教育への時間確保ができるようになり、従業員にも向上心が生まれ、自発的なカイゼン提案も出てくるようになりました。今後も、出来高の平準化を目指し、需要増に対応できる原料確保や、補助金を活用した洗浄工程における機械化の導入も進めて行きたいと考えています。
【2022(令和4)年4月1日第5089号3面】

食料新聞電子版 九州うまかモン 水溜食品



2022年2月11日号10面 SMTS特集
 
2021年4月1日号6面 高菜特集
 
2020年11月21日号6面 沢庵特集
株式会社食料新聞社
〒111-0053
東京都台東区浅草橋5-9-4 MSビル2F

TEL.03-5835-4919(ショクイク)
FAX.03-5835-4921
・食料新聞の発行
・広報、宣伝サービス
・書籍の出版
TOPへ戻る